行政書士とファイナンシャルプランナーで個人のお客様対応は◎

■個人のお客様の「お金」のことはFPで理解を深める

行政書士とのダブルライセンスとして、社会保険労務士の次にオススメしたいのが「ファイナンシャルプランナー」です。 行政書士とファイナンシャルプランナーなんて、一体どこに関わりがあるの?と、疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

しかしながら、誰もが気になる「お金」の話は、どの業界においても実は常にニーズがあるもの。行政書士業界に関しても、例外ではありません。

【個人のお客様には特に需要の高い、“お金に関するプランナー”】

行政書士の仕事は、前ページでご紹介したような会社相手のものだけではありません。時には相続のご相談や遺言書の作成等で、個人のお客様からご依頼を受けるケースもあります。そして、相談の中で必ずお金の話がついて回るものです。

例えば、相続で得た資産をどのように運用していくのが得策か。この疑問を解消してくれる先はどこでしょうか?銀行や証券会社に相談すれば、おそらく良い具合に言いくるめられて、必ずしも最善とは言えない選択肢を握らされてしまうかもしれません。

一般の方の場合、お金に関わる知識に乏しいことも多く、「誰に相談したらよいか分からない!」と頭を抱えるケースも決して少なくないようです。

そんなとき、相続関係の書類作成を担当した行政書士がそのままご相談に乗ることができるのが、最も理想的であると言えるのではないでしょうか?

もっとも、遺産相続等のお金が中心の業務の中では、単に法律的な知識だけではなく、お金に関わるそれ相応の専門知識が求められる場面も十分にあります。つまり、ファイナンシャルプランナーの取得が行政書士の実務を助けることにもつながるのではないでしょうか?

よって、皆さんが今後、行政書士の仕事の中で「個人相手」の業務をメインで行いたいのであれば、ダブルライセンス候補として「ファイナンシャルプランナー」は賢明な選択肢であると言えます。

【難易度的にも狙いやすい!実務に活かすなら2級以上】

社会保険労務士と異なり、ファイナンシャルプランナーは社会保険労務士ほど難易度的に高くなく、行政書士の実務をこなしながらダブルライセンスとして取得を目指すのに相応しいレベルであると言えます。

ただし、3級はお金に知識を身に付けるという側面が強く、実務レベルでお客様の「お金」の話をする場合は2級以上を取得しておいた方が安心です。試験範囲は3級も2級もほぼ変わりないですが、2級の方がより知識を深く勉強できます。

試験範囲については、一見すると重複するものは見当たりませんが、行政書士試験でしっかり習得した「民法」の知識は、ファイナンシャルプランナーの試験科目である「相続・事業継承」や「不動産」の解釈に大いに役立ちます。

個人資産の分野の知識を付けて、個人のお客様対応のスペシャリストを目指すというのはいかがでしょうか?

続き>>行政書士の試験概要

>>通信講座のフォーサイトが【現役行政書士に就職・転職・仕事についてインタービューしました】