一般的に言われている行政書士の年収は充てになりません。

まず、はじめに言うと、
インターネット上に出ている行政書士の年収はあてになりません。

何故なら、行政書士として登録していても、行政書士の仕事をしていない人はたくさんいますし、
地域によって年収の格差があります。
また、独立開業している人としていない人でも当然年収は変わって来ます。

そして、何よりあてにならないのが、全て平均と言う形で年収を表していることです。

誤解している人が多いのですが、平均とはその年収が一番多いと言うわけではありません。
細かく分析すると、必ずと言って良いほど、上下に開きがあります。

極端に言ってしまえば、行政書士の平均年収が1千万円だったとしたら、
1億円稼いでいる人が1人で、残りの9人が0円というケースになります。
そのような数字はまったく意味がないものです。

それでもあえて行政書士の年収を上げるとすれば、
200万円~5千万円くらいとイメージして下さい。
ものすごく開きがありますが、現実はそんな感じだと思います。

重要なのは、どのくらい年収を稼げるかではなく、どのくらい稼ぎたかいです。
そして、その年収を達成させるために、どのように行動するかなのです。

多くの方は行政書士になったいくら年収が稼げるのか安心したいために
数字をしろうとします。

しかし、はなっからそんな確定的な数字はありません。
どのくらい稼げるかは、あなたが決める事なのです。

もし、どのくらい稼げるかどうしても知りたいという人は、
行政書士はおろか、どの仕事をしても成功しません。

厳しい言い方をさせてもらえば、そのような方は月給いくら、時給いくらという仕事をして
安月給で仕事を続ければ良いと思います。

でも、そういったことが嫌で、行政書士を目指すのだと思います。

行政書士の仕事はとてもマーケットが広いので、
あなた次第でいくらでも稼げます。

私が知っている中での最高の年収は5000万円ですが、
もしかしたらもっと稼いでいる方もいるかもしれません。
行政書士はそれくらいポテンシャルのある仕事です。

是非、稼げる行政書士を目指してかんばって下さい。

続き>>行政書士になって食べていけるか?

>>通信講座のフォーサイトが【現役行政書士に就職・転職・仕事についてインタービューしました】