行政書士になって食べていけるのか?

行政書士に関する質問で多いのが、「行政書士になって食べていけるのか?」
と言う事です。

気持ちは分からなくはありませんが、そんなことはわかりません。
食べていけるかいけないかはあなた次第です。

ただ、一つだけで言わせて頂くと、
食べていけるだけでの年収を稼ぐ事は十分に可能だということです。

年収というのは、資格が決めるのではなく、あなたがどのくらい仕事をしたかです。
1千万円分の仕事をすれば1千万円稼げますし、10万円の仕事しかしなかったら
当然10万円しか稼げません。

重要なのは稼ぎたいだけの仕事をどのように取ってくるかです。
つまり、集客です。
資格取得者はここを考えない方が多いと感じます。

集客について話すと、このサイトの目的とはかけ離れるので、
詳しくは話しませんが、今は昔と違いインターネットがあるので、
資金力がなくても集客することは容易になりました。

しかし、そのためには勉強し、実践しなければいけませんが、
士業(行政書士・弁護士・税理士など)の先生は、集客が弱い方が多いので、
参入するチャンスはいくらでもあります。

もちろん、インターネットじゃなくても、紙媒体や人脈をつかっての紹介でも構いません。
とにかく、あなたに仕事をもたらしてくれる方をたくさん集められれば何でも良いのです。

そもそも、行政書士になって食べていけるかという質問事態が間違っています。

行政書士になりたいと思ったのは、それだけ仕事と収入に魅力を感じたからだと思います。
だったら、それを信じてまずは試験に合格することを目指して下さい。

このサイトでは同じようなことを何度も言っていますが、
目の前に答えがなければ動けないのなら、長時間働いて、
低賃金の仕事をしていくしか方法はありません。

それが嫌なら、行政書士としてどうやって稼いでいくかしっかりと考えて行動して下さい。

続き>>行政書士は稼げるのか?

>>通信講座のフォーサイトが【現役行政書士に就職・転職・仕事についてインタービューしました】