行政書士として成功するためにその2

前ページに引き続き、このページでも行政書士に成功するためのポイントを紹介します。

そして、その事は成功している行政書士、
もしくは全てのビスネスに当てはまる事だとも言えます。

その事というのは、「自分で稼ぐと言う思考」です。

当たり前のように感じると思いますが、
その思考を身に付けている人は少ないと感じです。

多くの方は、サラリマーンとして働いているので、
時給とか月給で働いています。
そのため、成果に関係なく、お金をもらうという感覚になっているのです。
その証拠に、成果報酬型の働き方だと、極端に希望者は減ります。
言ってしまえば、いくら稼げるかと言う答えがない仕事はしたがらないのです。

もちろん、その事が悪いと言っているわけではありません。
そうした働き方をしてくれる方がいるので、会社が成り立っているのですから。

しかし、行政書士はあくまでも自分で売上を上げ、
その中から出た利益があなたの収入となる、
つまり、自分で稼ぐと言うことです。

にも関わらず、これから行政書士を目指す方の中には、
どのくらい働ければ、いくら稼げますか?とか、
生活していくだけの収入を稼げますか?というような
的外れな質問をしてきます。

それは、自分で稼ぐという思考になっていないのです。

どの仕事でも、 時間を対価にした労働収入では限界があり、
人よりも稼ぐ事が出来ません。

お金は貰うのではなく、自分で稼ぐものです。
その考えを持ってさえいれば、それが行政書士でなくても、
大きな額を稼げるようになります。

行政書士として成功したければ、
まずはサラリーマン的な思考を捨てることから初めて下さい。

続き>>行政書士はあくまでも資格?

>>通信講座のフォーサイトが【現役行政書士に就職・転職・仕事についてインタービューしました】