行政書士の転職に関して

行政書士へ転職するということは、現在の仕事から行政書士事務所に転職するか、
独立開業することを言います。

基本的に就職と転職の状況は変わりません。
ただ、行政書士に転職するということは、独立開業も視野に入れることになると思うので、
しっかりとした心構えを持つことが必要です。

現在のように不況になると、行政書士への転職を希望される方は多くなります。
しかし、その一方で成功できず、違う道に進む方がいるのも事実です。

ここでしっかりとお伝えしなくてはいけないのが、
行政書士として成功する事は決して簡単なことではありません。
むしろ難しいことです。

でも、それは行政書士に限らず、どの資格・仕事でも言えることです。

資格を持っている方、特に行政書士のように専門性が強い資格なら なお更そうですが、
資格を持っているだけで成功できると勘違いしている方がいます。

しかし、資格というのは、あくまでも仕事をするための一つの手段にすぎず、
成功を約束されたわけではありません。
成功するかしないかは、資格とはまったく別の要素になるのです。
そこを理解していない人が非常に多いと感じます。

もちろん、資格によって成功しやすい資格とそうでない資格があります。
行政書士は前者と言う事は確実にいえます。

しかし、それでも資格と別に成功するためのマインドや集客のノウハウ、
サービスの差別化など、身に付けなければいけないことは山ほどあります。

現在は、弁護士でも食べていく事が出来ない人がいる時代です。
そのような時代において簡単とか、楽してとかいうことはありません。

これから行政書士へ転職を目指す方は、ココで説明したことを心してください。
行政書士は頑張れば頑張っただけ報われる資格です。

続き>>行政書士の求人について

>>通信講座のフォーサイトが【現役行政書士に就職・転職・仕事についてインタービューしました】