行政書士のテキスト選び

行政書士を独学で勉強される方は、
テキスト選びをしっかりとしなくてはいけません。

通信や通学を受講すれば、予めテキストを用意してくれますが、
独学の場合、自分で情報を集めて、質の高いテキストを見極める必要があります。

しかし、どのようなテキストを選ぶにせよ、
必ず覚えておいてほしい事があります。
それはあくまでもテキストはテキストだと言う事です。

確かにわかりやすく、情報がまとまっているテキストを使えば、
優位に行政書士試験の勉強を進める事が出来ます。
逆にテキストが悪ければ、あなたがどんなに学習しても
実力が付いてきません。

しかし、どんな良いテキストだとしても、
文字情報だけで知識を理解することは困難です。

仮に理解できるとしても、何度も何度もテキスト読み込み、
時間をかけなければいけません。

ですが、時間をかければ、かけるほど大抵の方は挫折してしまうのです。

多くの方は、学生時代から、先生の授業を聞いて、知識を学んできました。
そして、その授業があるから、テキストが活きるのです。

もし、学生時代、テキストだけを渡されて、勝手に勉強してくれと言われても無理だったと思います。
行政書士の試験勉強も同じです。

しかも、皆さんが購入しようと思っているテキストは、市販のテキストです。

ご存知の方も多いと思いますが、
あれらのテキストはあなたを合格させる目的ではなく、あくまでも宣伝です。

最もわかりやすく言うと、そのテキストを全て理解できたとしても、
合格できるレベルに達する事ができないか、
挫折するとわかっているのいるのです。

何故なら、そうしないと予備校に通学してくれる人がいなくなり、
学校経営が出来なくなるからです。

いいですか、市販されているテキストを全て理解できたら、
合格できると思いないので下さい。
そのテキストに足りない部分を様々な教材を購入し、補わなければいけないのです。

市販されているテキストに過度に期待していては、何処かで挫折します。
知識を理解するためには、講義と質の高いテキストがセットになっていることが必要なのです。

続き>>行政書士の通信教育について

>>通信講座のフォーサイトが【現役行政書士に就職・転職・仕事についてインタービューしました】