行政書士は手続屋ではなく、お客様の人生をサポートする

■行政書士の仕事のやりがいとは?

これから行政書士試験合格を目指す皆さんは、なぜ、数ある資格の中から「行政書士」を目標として選ばれたのでしょうか?

理由は様々だと思います。
行政書士の仕事内容に興味があった、
受験資格なしで受けられるから挑戦することにした、
何となく、「士業」と呼ばれる資格に挑戦したいと思った


等、個々に思うところがあって、受験を志したのでしょう。

行政書士は独立開業が可能な資格ですが、必ずしも受験生すべてが独り立ちしてやっていこうとは思っていないかもしれません。

資格は取得するまでが勝負、と考えている方も多いかもしれませんが、そうではありません。せっかく専門知識を得るのですから、少しでも仕事に役立てる方向で考えられてみてはいかがでしょうか? 本ページでは、行政書士の仕事内容についてご紹介し、その魅力に触れていきたいと思います。

【行政書士の仕事の魅力はお客様の人生と関わること】

行政書士の具体的な仕事内容については、本サイトでも別ページで解説している通りです。(参照ページはコチラから

「官公署向け手続き書類の作成と提出代理」、「権利義務や事実証明に関する書類の作成とその代理、相談」等、一見すると“単調な書類作成と手続”といった感たっぷりで興味を持とうにも厳しいかもしれませんね。

しかしながら、行政書士の仕事内容は決して上記にとどまるものではありません。

例えば会社設立や各種営業許可、遺言や相続等、結果としては「手続業務」になるわけですが、その手続き一つひとつがお客様の人生に大きく関わる重要なものばかりです。これらの手続きに直接関わる行政書士の仕事は、もはや単なる手続屋とは言えないのではないでしょうか?

下記は、行政書士の実際の仕事内容ややりがいを、実務家が直接語っているページです。
『行政書士 実務家密着取材』(詳細はコチラへ
どの先生も手続き業務を通じた「お客様との関わり合い」を重要視されており、その中にやりがいを感じているようです。

ご紹介した実務家インタビューを見て、今一度、行政書士の仕事の魅力を感じて下さい。
「とりあえず何か資格を」ではなく、「自分は行政書士になるんだ!」と強く思えるようになることで、試験へのモチベーションもぐんと変わってくるはずです。

続き>>行政書士と社会保険労務士で人事労務の専門家に

>>通信講座のフォーサイトが【現役行政書士に就職・転職・仕事についてインタービューしました】