行政書士の就職に関して

行政書士一覧

就職という道もあるがメリットは少ない

行政書士への就職を考えている方は、何処かの行政書士事務所や法律関係の事務所に就職することになります。
そこで、はじめに結論を言うと、行政書士の求人はそれほど多くないと思います。

もちろん、行政書士の求人はないわけではありません。行政書士を欲しがっている事務所は沢山あります。
ただ、行政書士というのは、専門的な職業となるので、その他の職業と比べて、求人のパイが少ないのです。

つまり、普通の一般的な職業に比べ、人口が少ないので、それだけが求人が少ないということです。
良くインターネットで、行政書士になっても就職できないと言われていますが、そんなことはありません。

普通の職業のように求人サイトや求人誌で大々的に募集してないだけです。
そもそも行政書士になって、就職しようとする人がそれほど多いわけではありません。

独立向けの職業です

行政書士と言うのは、もともと独立開業型の資格で、何処かの事務所に就職するのではなく、独立を希望する方が非常に多いのです。
何故なら、就職することにあまりメリットがないからです。

普通の仕事の感覚なら、独立は非常にハードルが高く、資金も必要になります。しかし、行政書士の場合、試験に合格すれば、すぐにでも独立でき、初期投資はほとんど必要ありません。

また、独立すれば、報酬のほとんどが自分の収入になるので、年収も高くなる傾向にあります。
逆に就職した場合、自分で仕事を取ってきても、自分がもらえる収入は限られるので、それほどメリットはなくなります。

もちろん、就職すれば、例え仕事がないときでも毎月給料は貰え、仕事のノウハウを身に付けることも出来ます。
しかし、それでも独立した場合のメリットには及びません。

とにかく結論を言うと、行政書士事務所に就職する事は出来ますが、就職を希望する方がそれほど多くないということです。

タイトルとURLをコピーしました