行政書士は社会的地位も高い仕事です

行政書士一覧

行政事務の最先端に携わることができる

昔から国家資格でもある行政書士は誰もが憧れるものでした。

それは数ある国家資格の中でも比較的合格しやすいと評判があっても事実です。年配の人で詳しい人がいるかもしれませんが、40年前あるいは30年前という時代では合格率が20%を超えていたときがあったのです。

その後は法律の改正などで難しくなり現在のように10%の合格率となったということです。

この資格は文字通り行政事務の一番手となる資格ですが、実は弁護士や、会計士、税理士、弁理士といった人たちも行政書士と同じ業務ができます。
逆に弁護士や税理士、会計士、弁理士にできて行政書士にはできないことはたくさんあります。

そういった意味では行政書士はまさしく行政事務の最先端にいるといってもいいでしょう。

20年以上のキャリアで行政書士になれる

また、行政事務に携わって20年以上という人は行政書士になれると定められています。ですから実はこの資格を持っている人はかなりの人数が存在していることになります。

定年退職をした公務員がこの仕事に就いて働くということはよくあることで、実際に経験が豊富ですから、試験に合格してなった人よりも仕事が入りやすいという事実もあります。

以上の事から潜在的にもかなりの人数がいるのはもっぱらの評判でもあり事実でもあります。
その中で特色ある活動としていかないと生き残れないという現実もしっかりと受け止めておいたほうがいいのは間違いありません。

できれば近所でも評判の行政書士というフレーズがつくといいですね。

タイトルとURLをコピーしました