行政書士として成功するために

行政書士一覧

行政書士として成功している人も見ると、いくつかの特徴があります。
それを紹介していきますので、あなたが行政書士になったら、どういった方向性で進むのか考えて下さい。

独自の専門分野を作る

行政書士として成功するためには、どの分野に参入するかによって決まると言っても過言ではありません。
失敗するケースで多いのは、ライバルが多い分野に参入することです。

例えば、建設業許可、風俗営業許可、会社設立などです。(地域によっても違う)これらのような分野は競合する行政書士が多く、新規参入しても成功する確率が低く、仮に成功できたとしても、時間がかかりすぎて、そこまで耐えられません。

それよりも、他の行政書士が目をつけていない多くの分野が沢山ありますので、そうしたところを狙っていけば、短期間で圧倒的な成果を出す事も可能です。

また、ライバルが少ない分野に参入することで、その分野の専門家として認知され、勝手に顧客が集まってくる可能性も高くなります。
ここで一例を出すと、化粧品や健康食品の薬事申請の許可を取る分野に参入して、年収数千万円荒稼ぎしている行政書士がいます。

この分野は参入している行政書士が少なく、供給量が少ないので、容易に仕事を取る事が出来るのです。<

集客方法を考える

行政書士の先生に多いのが、資格を取得すれば顧客が自然と集まると思ってしまうことです。
ですが、そんなことはありえません。世の中の多くの人が、あなたの存在を知らないですし、まして行政書士になった事すら知りません。

行政書士として成功するかしないかはどれだけ集客できるかにかかっております。

現在成功している行政書士を見ると、インターネットを活用しているケースが多いと感じます。
インターネットなら低予算で集客できますし、今流行りのソーシャルメディアを使えば無料で集客する事も可能です。

しかし、そのためにはノウハウを学ばなければいけません。
勘違いしている行政書士の中にはホームページを作っただけで、勝手に顧客が集まると思っている方もいます。

ですが、それで成功できるなら誰も苦労しません。現在は、士業専門の集客やマーケテイングセミナーが頻繁に開催されていますので、そうしたところを利用するのも良いと思います。
もちろん、人脈を使って仕事を貰っても良いと思います。

とにかく、行政書士になり参入する分野を見つけたら、後は集客のことだけ考える気持ちでいて下さい。
それくらい集客は大切です。

タイトルとURLをコピーしました