行政書士の年収・給料とは

行政書士一覧

行政書士は収入が多いって本当?

「行政書士のほとんどが年収300万円以下で、専業では食べていけない」
「業務範囲が広く、年収1,000万円以上を稼いでいる行政書士もいる」

行政書士の年収については、かくも悲惨な話から夢のある話まで、まるで都市伝説のようにさまざまに語られています。
同じ士業でも、たとえば弁護士や社会保険労務士の年収については、厚生労働省による統計調査が行われています。

しかし、行政書士については、それがありません。
他の士業のように、公式な調査結果がないことが、行政書士の年収を“得体の知れない”ものにしているのかもしれません。

では、行政書士の年収について知る手立てはないのか、というと、そんなことはありません。
一般的にはあまり知られていませんが、日本行政書士連合会(全国の行政書士を束ねる団体です)が、会員を対象にアンケートを実施しています。

それによると、年間売上高500万円未満という回答が、実に全体の約76%を占めます。
しかも、ここで注意したいのは、500万円未満というのは「収入」ではなく「売上」であるということ。つまり、経費を差し引いた年収はもっと低い、ということです。

行政書士のほとんどが年収300万円以下で、専業では食べていけない」この悲惨な話は、あながち間違いではないようです。
では、「業務範囲が広く、年収1,000万円以上を稼いでいる行政書士もいる」という夢のある話はウソなのか。

さきのアンケート結果を見てみますと、年間売上高1,000万円以上という回答は約10%
そのうち、5,000万円以上という回答も0.8%あります。ちなみに日本の総理大臣の年収は4,000万円強と言われています。

単純に計算すると、行政書士は全国に4万人いますので、うち300人以上は総理大臣よりも稼いでいるということになります。
つまり、行政書士が収入の上でも夢のある職業である、というのもまた真実だということです。

競争の激しい職業です!

なぜ、同じ「行政書士」という肩書きを持っているにもかかわらず、こんなにも大きな年収の開きが生まれているのでしょうか?
弱肉強食の格差社会だから?

その通り。
行政書士の世界も、他の職業と同じように、競争の激しい格差社会なのです。
行政書士は全国に4万人いると言いましたが、その数は毎年、数千人ずつ増えています。

ライバルが増える分、今後、競争はますます激しくなっていくわけです。

私が行政書士を選んだ理由

巷では「行政書士では食えない」、「年収は400万円以下」等と言った話をよく聞きますが、少なくとも私はそうは思いません。

私はサラリーマンとして働いてきましたが、30才目前にして年収は400万以下という現実に不安を感じ、行政書士になることを決意しました。
行政書士を選んだ理由は「独立できる」、「自分の努力が報酬に反映される」点です。前職が一定の昇給しかなかったので、「やればやるだけ儲かる」という点は非常に魅力的でした。

司法書士や、税理士等も検討したのですが、法律初心者の私には難しそうだった為、まずは法律系資格の登竜門と呼ばれる行政書士を取得して、ステップアップをして行くことにしました。

フォーサイト行政書士
タイトルとURLをコピーしました