通信教育人気ランキング

第1位 通信教育専門校フォーサイト
私の知る中で、教材の質の高さ、受講料の安さは、通信教育の中で群を抜いていると思います。
その証拠に合格率は全国平均を上回り、それを公式サイトに掲載しています。
(ほとんどの通信教育は合格率を掲載していない。理由はわかると思います)

講座内容の一部を紹介すると、
「図表化されたフルカラーのテキスト」 「通信教育専用にハイビジョン撮影した講義」
「質問受付」「確認テスト」「インターネット学習システム」など です。
これだけ、教材の一つ一つの精度が高い通信教育は中々ありません。

⇒フォーサイトの講座の特徴や口コミはコチラ
⇒公式サイトはコチラ


第2位資格の大原
資格の予備校と言えば、大原をイメージする人は多いと思います。
特に簿記や税理士などの会計の資格に強く、高い実績もあります。

講座の特徴は、専任講師体制を取っており、一人一人の受講生に対して
しっかりとサポートしてくれます。

また、レベルに合わせたカリキュラムも用意しており、
確実に実力を付けていく事ができるようになっています。

ただ、講義は教室の講義をそのまま撮影したもので、テキストはモノクロです。
やはり基本は学校なので、そうしたころはしょうがないかも知れません。

⇒大原の講座の特徴や口コミはコチラ
⇒詳しくはコチラ


第3位 生涯学習のユーキャン
ユーキャンはCMでも有名なので知名度も高いと思います。

講座の特徴は、初級者でもわかりやすいテキストです。
出来るだけ専門的用語を使わず、誰でも理解できるようなやさしい表現で解説されています。
また、テキストも図表を使いながら、2色刷りで構成され、
初級者に使いやすいようになっています。
もちろん、質問受付や添削指導などの受講者のサポートもしっかりとしています。

ただ、残念なことに講義が付いていません。
それが人気を下げる理由です。

⇒ユーキャンの講座の特徴や口コミはコチラ
⇒詳しくはコチラ

TACの口コミ・行政書士講座の特徴を暴露!!

●テキストの特徴 TACの行政書士通信教育のテキストは、そのボリューム感が受験生の間で広く支持されています。合格に必要な事柄はもちろん、プラスαの知識までがしっかり網羅されているので、初学者からすでに知識のある方まで、幅広く対応可能な教材です。
ただし、その情報量の多さから、初めて行政書士試験に挑戦する受験生や、法律を初めて学ぶ方にとっては、若干消化不良を起こしやすそうな印象も。受講者のレベルに応じて、上手に使いこなしたいテキストです。

●講義の特徴
幅広い層の受験生に人気の講師に学べるのも、大手資格予備校ならでは。映像講義内の板書事項をあらかじめプリントとして提供されるので、必死にメモを取る必要がなく、講義に集中することが出来ます。ただし、TACは通信教育専門校ではないため、他の通信講座と比較すると講義映像自体が単調な雰囲気に。あくまで講義を収録したのみで、映像の見せ方や受講生を引き込む工夫に乏しい印象を受けます。

●サポートの特徴
TACの行政書士通信教育では、通信といえども通学さながらの手厚いフォローを受けられるのが特徴です。質問応対サービスの他、教室講義に参加できたり、校舎の自習室が利用出来たりと、モチベーション維持のためのサポートもばっちり。大手資格予備校ならではの幅広い情報ネットワークで収集した受験情報が提供される点も、TACの行政書士通信教育を受講する上での大きなメリットです。

●TACの行政書士のクチコミ
きむら様 50代
大手資格予備校の通信教育ということで、安心して利用できました。
さまざまサポートがありましたが、あくまで通信教育での学習をベースにしたかったため、校舎に足を運ぶものはあまり活用出来なかったのが残念です。

すーちゃん様 30代
他スクールの行政書士通信教育も利用したことがあるのですが、TACは映像講義が“ただ収録しただけ”といった印象で、すぐに飽きてしまいました。通信教育であれば、やはり通信専門校を選ぶのが正解かもしれませんね。

続き>>行政書士通信教育人気ランキング

クレアールの口コミ・行政書士講座の特徴を暴露!!

●テキストの特徴 クレアールの行政書士通信教育では、テキスト、過去問・判例、条文がオールインワンになった科目別「3WAY TEXT」に定評があります。合格必要得点範囲に的が絞られているので、とことんムダを省いた学習が可能に。出題されるポイントのみを効率良く学び、最短で合格を目指すことが出来ます。過去問で扱われる範囲は、過去の出題データから抽出された厳選の548題。ただやみくもに問題を解くのではなく、合格のために必要なポイントを明確にした上で学べます。

●講義の特徴
クレアール独自の「非常識合格法」を実践する上では、行政書士試験に精通する実力派講師陣の存在が不可欠。クレアールの行政書士通信教育では、インプットとアウトプットにそれぞれ専任講師が、さらに学習ナビゲート役として専門の講師がつき、受講生を合格へとバックアップしてくれます。パソコンやスマートフォン、タブレットなどに対応しているので、いつでもどこでも講義視聴が可能に。忙しい社会人でもフレキシブルなスタイルで学べる工夫がたっぷりです。

●サポートの特徴
回数無制限の質問応対サービスを展開し、行政書士通信教育受講生であっても、疑問を残さずに学べる仕組みを確立。また、出願の時期には願書を送付してくれるので、出願漏れを防ぐことが出来ます。

●クレアールの行政書士のクチコミ
まきちゃん様 20代
クレアールの合格メソッドでは、どんどん学習が進んでいく手ごたえを感じることが出来ました。ですが、内容として、この講座だけで十分に合格点をクリアできるかどうかは・・・?
受験に先立ち、まずは基礎をさらっと学びたい方には向いていると思います。

ふっくん様 30代
仕事をしながら無理なく受講できました。質問応対を何度か利用したのですが、回答が届くまでに時間がかかり、「都度すっきり解消」とはいきませんでした。

続き>>TACの行政書士講座の特徴・口コミ

エル・エーの口コミ・行政書士講座の特徴を暴露!!

●テキストの特徴
エル・エーの行政書士通信教育では、書店で人気の対策テキスト『うかる!行政書士』シリーズ(日本経済新聞出版)で学びます。
スクール独自のテキストの場合、作成を担当する講師によって偏りやクセが出やすいですが、巷で広く支持されている教材を使用することで、受験生にとってなじみやすく分かりやすい教材群を提供しているとのことです。
この点、裏を返せば「自校で教材作成する能力に乏しい」という意味にもとれてしまうものの、良質な講義を安く提供するための工夫であると言うことも出来ます。

●講義の特徴
講義を担当するのは、大手資格予備校の行政書士講座でメイン講師をつとめた経験を誇る実力派講師。行政書士試験を知り尽くす人気講師だからこそ実現する、ユーモアを交えつつも必要なことをしっかりと習得させる講義に定評があります。講義はDVD形式で全60枚と、ボリュームは十分です。

●サポートの特徴
行政書士通信教育を受講する上で生じる疑問を都度解消できるよう、「質問応対」によるサポートに注力されています。24時間WEB質問受付や質問カードの活用、さらに電話質問制度など、受験生にとって使いやすいシステムを選択できるのが○。その他、受験関連の情報提供もしっかり行われます。

●エル・エーの行政書士のクチコミ
ゆみゆみ様 40代
通信教育専門校エル・エーは、社会人の資格取得ブームの最中で注目されているスクールのひとつ。一般的な知名度としてはさほど高くはないものの、行政書士講座の他、社会保険労務士、宅建、マンション管理士等のビジネス系資格取得対策を幅広くラインナップするスクールなので、安心して学べました。
ただし、講義DVDは単調な印象で、終盤いつも寝てしまいましたけれど・・・

さとぽん様 30代
質問応対サービスがウリのようですが、正直スムーズな回答を得られませんでした。
また、返ってきた内容もさほど詳しくなく、学習の役に立ったかと言えば疑問ですね。

続き>>クレアールの行政書士講座の特徴・口コミ

ユーキャンの行政書士講座の特徴は?

●テキストの特徴
ユーキャンのテキストは、カラーテキスト、初心者でもわかりやすい表現などが特徴です。

その中にも特に良いのが、わかりやすい表現を使っているということです。
法律の学習をした方ならわかると思いますが、解釈に苦しむ表現が沢山でてきます。
そして、その事を理解できず、挫折していく受験者も多いのです。
その点、ユーキャンは初級者に対して教材を作っているので、非常に良いと思います。

ただ、その表現に慣れてしまうと本試験に対応するのが難しくなるので、
頭の切り替えが必要です。

また、テキストのサイズがA4と大きすぎるのが気になります。
ですが、テキストをカラーにしている点は評価できます。

●講義の特徴
ユーキャンには講義がありません。
講義を聴かなければ、学習がわからなくなり、独学とそれほど変わらない学習になります。

実際に通信で挫折した方の話を聴くと、
学習量が多くなりすぎるか、講義が付いていないかです。

●サポート特徴
ユーキャンのサポートは、質問、添削指導、学びオンライン、会報誌などがあります。

その中で特徴的なのが、学びオンラインです。
この学びオンラインは、学習のポイント解説した動画や
WEBテスト
などが出来てとても便利です。
また、受講生同士が情報交換できるようにもなっております。


●ユーキャンの行政書士の口コミ

ゆう様 20代
初心者にはわかりにくい法律用語の説明不足な感じがします。
また、多少法律をかじった事のある方なら、表現が軽すぎるの違和感があります。
後、テキストが大きすぎるので、
せめて一般教養くらいは持ち運びに便利であってほしいです。
そして、講義がないのがきついと感じました。


CCC様 ?代
ユーキャンだけで合格するのは難しい気がしますが、
行政書士試験についてある程度学ぶためなら良いと思います。
その後、別のスクールや通信を受講すれば、よりスムーズに勉強を進めていける感じがいます。
また、ある程度力があれば、ユーキャン⇒市販の教材でも良いと思います。


ナントタ様 20代
講義がほしいのと、
質問や添削の返信が遅い気がします。
でも、まったくの初心者と限定するなら、
テキストはおすすめですし、学習の進め方が良いと思います。

⇒ユーキャンの行政書士の公式サイトはコチラ

続き>>エルエーの行政書士講座の特徴・口コミ

大原の行政書士講座の特徴は?

●テキストの特徴
大原のような資格系の予備校は、
とにかく過去問を全て網羅していて
学習量が無駄に多くなる傾向にありますが、
大原の場合、ある程度出題範囲を絞っております。

そのため、学習量だけを言えば、通信向きの学校といます。

ただ、テキストが白黒なのが気になり、
もう少し図表を多用してわかりやすく解説してほしいと思います。

●講義の特徴
大原にはDVDやWEBなどで見られる講義が付いております。
ただ残念ながら、教室講義をそのまま撮影しているという欠点があります。

教材講義の録画は、毎回講義の重複もありますし、
生徒の雑音や講師が付けているインカムから聞こえる雑音などが聞こえてきます。
現に大原のDVD講義を視聴された方は、
講師の鼻水をすする音が聞こえて、
学習に集中出来ないと言う声もあります。
そして何より、臨場感がまったくないので、長時間映像を見る事が出来なくなります。
ただ、そうは言っても、講義がしっかりと付いているだけでまだ良いと思います。

●サポート特徴
質問対応、自習室の開放、再受講割引、教室講義の参加など、
予備校が行なっている一般的な通信のサポートとなっております。

一見物足りないように感じるかもしれませんが、
サポートは充実しすぎると、自分で解決する力が身に付かないので、
逆に良くありません。
ですから、サポートはシンプルなのが受講生のためになるのです。


●大原の行政書士の口コミ

サニコミ様 ?代
内容事態は良いのかもしれませんが、
講師の鼻水の音が聞こえてきて、学習に集中できません。
また、もう少し講師の熱意を持った授業が聴きたかったです。
ですが、私にも消化できるくらいの丁度良い学習量だったのが良いと思います。


とどこおり様 30代
ボソボソ話しているような講義なのが気になりました。
正直やる気があるのかとも感じたくらいです。
それ以外は学習期間に合わせて教材が届きますし、質問の対応も丁寧でした。

⇒大原の行政書士の公式サイトはコチラ

続き>>ユーキャンの行政書士講座の特徴・口コミ

フォーサイトの行政書士講座の特徴は?

●テキストの特徴
フォーサイトのテキストの特徴は、 B5サイズ、フルカラー、
出題範囲を絞ったオリジナルテキストです。

それぞれ解説すると、B5サイズというのは持ち運びに便利で、
外出先でも学習できるメリットがあります。
通信講座は何処でも学習できるということが重要なので、
A4以上のサイズのような持運びや
外出先で読む事ができないテキストだと本末転倒になります。

次にフルカラーというのは、記憶効果を高める働きがあります。
同じ学習量でも白黒のテキストは、記憶に残りにくく、
学習の質が下がってしまいます。
ただ、残念なことに多くの通信は軽費をかけたくないので、
白黒にしているのが現状です。

最後に出題範囲を絞ったテキストというのは、余計な学習を省き、
短期間で合格を目指せるメリットがあります。

多くの学校は過去問のほとんどをテキストに載せる傾向にあるので、
学習量が多くなり、試験に出題されない学習もしてしまいます。
その結果が挫折者も多いのが現状です。

●講義の特徴
フォーサイトの講義は、DVDが用意されています。
そして最も大きな特徴は、一流の講師が担当していることはもちろんこと、
専用のスタジオでハイビジョン撮影している点です。

DVDで見る講義で最も重要なのは、映像の臨場感と迫力です。
それがなければ、見ていて眠くなり挫折してしまいます。

フォーサイトの講義は、そうしたことにならないために、
専用のスタジオでハイビジョン撮影しているのです。
また、そのような撮影をしている資格の通信では、フォーサイトだけだと思います。

大抵の学校は、教室講義をそのまま撮影しているか、
講師の前にカメラを据え置きにして撮影しているかです。

●サポート特徴
フォーサイトのサポートは、質問受付、確認テスト、暗記カード、
試験の新着情報を流したフォローメルマガ、E-ランニングです。
(そのほかにもあるかも知れませんが、私が知っているサポートはそれだけです。)

質問受付は、何処の通信でも行なっているので、
それほど珍しいことではありませんが、
資格の通信でここまでしっかりと
E-ランニングを開発しているのはほとんどないと思います。

フォーサイトのE-ランニングは、道場破りといって、
講義が視聴できたり、問題が解けたり、学習のスケジュール管理が出来たりします。
そのため、後どのくらい学習しなければいけないのか、
教えてくれるので、非常に便利です。


●フォーサイトの行政書士の口コミ

ローニグ様 30代
フォーサイトの講義はとても見やすくわかりやすいと思います。
福澤先生の講義も聞き取りやすかったです。
またテキストも丁度良い量なので、私でも全て消化する事が出来ました。
人によっては、メールでの質問の返信が遅いといっている方もいますが、
私はほとんどその日か翌日に返信が来ましたよ!
私は、基礎と過去問の両方を受講しました。


ミチエ様 30代
通信教育は、人によって感じ方が違いますが、
私はおすすめ出来ます。
以前は別の通信教育を受講していましたが、
内容が多すぎて、全て終える事はできませんでした。
また、テキストや講義も無味乾燥な印象です。
対してフォーサイトは、復習できるくらい適度な分量なので、
重要なポイントを何度も学習できますし、
講義も迫力があり、とても見やすかったです。
もし別の資格を学習するなら、次もフォーサイトを受講すると思います。


ナントタ様 20代
確かに教材や質問対応は良いとおもいます。
でも、教材が届くのが若干遅かったように感じます。
知り合いの方は今は遅くないと言っていましたが、
現状はわかりませんが。
僕はフォーサイトのバリューセットに申込み、
市販の問題集も購入しました。
フォーサイトだけで大丈夫だと思いますが、
試験間じかになって少し不安になったので、
市販の問題を解く事で、自信が付きました。

⇒フォーサイトの行政書士の公式サイトはコチラ

続き>>大原の行政書士講座の特徴・口コミ

>>通信講座のフォーサイトが【現役行政書士に就職・転職・仕事についてインタービューしました】