行政書士とファイナンシャルプランナーで個人のお客様対応は◎

■個人のお客様の「お金」のことはFPで理解を深める

行政書士とのダブルライセンスとして、社会保険労務士の次にオススメしたいのが「ファイナンシャルプランナー」です。 行政書士とファイナンシャルプランナーなんて、一体どこに関わりがあるの?と、疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

しかしながら、誰もが気になる「お金」の話は、どの業界においても実は常にニーズがあるもの。行政書士業界に関しても、例外ではありません。

【個人のお客様には特に需要の高い、“お金に関するプランナー”】

行政書士の仕事は、前ページでご紹介したような会社相手のものだけではありません。時には相続のご相談や遺言書の作成等で、個人のお客様からご依頼を受けるケースもあります。そして、相談の中で必ずお金の話がついて回るものです。

例えば、相続で得た資産をどのように運用していくのが得策か。この疑問を解消してくれる先はどこでしょうか?銀行や証券会社に相談すれば、おそらく良い具合に言いくるめられて、必ずしも最善とは言えない選択肢を握らされてしまうかもしれません。

一般の方の場合、お金に関わる知識に乏しいことも多く、「誰に相談したらよいか分からない!」と頭を抱えるケースも決して少なくないようです。

そんなとき、相続関係の書類作成を担当した行政書士がそのままご相談に乗ることができるのが、最も理想的であると言えるのではないでしょうか?

もっとも、遺産相続等のお金が中心の業務の中では、単に法律的な知識だけではなく、お金に関わるそれ相応の専門知識が求められる場面も十分にあります。つまり、ファイナンシャルプランナーの取得が行政書士の実務を助けることにもつながるのではないでしょうか?

よって、皆さんが今後、行政書士の仕事の中で「個人相手」の業務をメインで行いたいのであれば、ダブルライセンス候補として「ファイナンシャルプランナー」は賢明な選択肢であると言えます。

【難易度的にも狙いやすい!実務に活かすなら2級以上】

社会保険労務士と異なり、ファイナンシャルプランナーは社会保険労務士ほど難易度的に高くなく、行政書士の実務をこなしながらダブルライセンスとして取得を目指すのに相応しいレベルであると言えます。

ただし、3級はお金に知識を身に付けるという側面が強く、実務レベルでお客様の「お金」の話をする場合は2級以上を取得しておいた方が安心です。試験範囲は3級も2級もほぼ変わりないですが、2級の方がより知識を深く勉強できます。

試験範囲については、一見すると重複するものは見当たりませんが、行政書士試験でしっかり習得した「民法」の知識は、ファイナンシャルプランナーの試験科目である「相続・事業継承」や「不動産」の解釈に大いに役立ちます。

個人資産の分野の知識を付けて、個人のお客様対応のスペシャリストを目指すというのはいかがでしょうか?

続き>>行政書士の試験概要

行政書士と社労士で会社設立から人事労務の顧問契約まで!

■行政書士だけでなく、掛け合わせる資格のお勧めは?

ところで、行政書士として仕事をしていこうという上で、どうしても気になるのが「果たして行政書士一本で本当に食べていけるのか」といった点だと思います。

行政書士のみならず、今や士業全般において“仕事がない”、“人余り”等とささやかれる昨今、なかなか「自信を持って独立開業!」と踏み出せる方は少ないのではないでしょうか。

実際の行政書士の中には、ダブルライセンス等で複数専門分野を持ち、仕事につなげている方もたくさんいらっしゃいます。行政書士は、一体どんな資格とのダブルライセンスが有効なのでしょうか?ここからは、行政書士と相性の良い資格をご紹介することにいたしましょう。

【企業相手なら相性抜群なのは「社会保険労務士」!】

ひと口に「行政書士」といっても、幅広い業務分野の中から何を専門とするかによって、ダブルライセンスの候補も変わってくると思います。

もしも会社設立をメインに扱いたい方がいらっしゃれば目指すべきは「社会保険労務士」資格の取得です。

行政書士の場合、営業許可や会社設立の手続きが終わってしまえば、基本的にはお客様(この場合は会社)とのお付き合いは終了します。その後、何かしらの手続きの必要が生じれば再度依頼が来ますが、一旦離れてしまったお客様が再び自分に依頼をくれるかどうかは確かではありません。

そんなときでも、社会保険労務士資格を取得し、登録しておくことで、会社設立後の人事労務や社会保険に関わる手続きの一切をお引き受けすることが可能です。つまり、コンスタントにご依頼いただける可能性がぐんと高くなる、ということになります。

運が良ければ顧問契約を結び、継続的なお付き合いができることも。こうなれば収入面、仕事面の両面が安定し、士業にとってはまさに理想的です。

【試験範囲に重複なし、行政書士試験以上に狭き門の「社会保険労務士」】

行政書士とのダブルライセンスにオススメの社会保険労務士ですが、いざ目指すとなれば相当の覚悟が必要です。

いずれも法律系資格という共通項はあるものの、出題される科目に重複するものはなく、新たに社会保険労務士試験にチャレンジするとなれば行政書士試験時同等、もしくはそれ以上の試験対策を積み重ねる必要があります。

もっとも、行政書士であれば既に憲法や民法といった法律の基礎を習得済みなので、ジャンルの異なる法律の理解も比較的スムーズであるというメリットはあります。

社会保険労務士も取得して、企業設立から人事労務のスペシャリストを目指してみませんか?

続き>>行政書士とファイナンシャルプランナーで個人のお客様の専門家に

行政書士は手続屋ではなく、お客様の人生をサポートする

■行政書士の仕事のやりがいとは?

これから行政書士試験合格を目指す皆さんは、なぜ、数ある資格の中から「行政書士」を目標として選ばれたのでしょうか?

理由は様々だと思います。
行政書士の仕事内容に興味があった、
受験資格なしで受けられるから挑戦することにした、
何となく、「士業」と呼ばれる資格に挑戦したいと思った


等、個々に思うところがあって、受験を志したのでしょう。

行政書士は独立開業が可能な資格ですが、必ずしも受験生すべてが独り立ちしてやっていこうとは思っていないかもしれません。

資格は取得するまでが勝負、と考えている方も多いかもしれませんが、そうではありません。せっかく専門知識を得るのですから、少しでも仕事に役立てる方向で考えられてみてはいかがでしょうか? 本ページでは、行政書士の仕事内容についてご紹介し、その魅力に触れていきたいと思います。

【行政書士の仕事の魅力はお客様の人生と関わること】

行政書士の具体的な仕事内容については、本サイトでも別ページで解説している通りです。(参照ページはコチラから

「官公署向け手続き書類の作成と提出代理」、「権利義務や事実証明に関する書類の作成とその代理、相談」等、一見すると“単調な書類作成と手続”といった感たっぷりで興味を持とうにも厳しいかもしれませんね。

しかしながら、行政書士の仕事内容は決して上記にとどまるものではありません。

例えば会社設立や各種営業許可、遺言や相続等、結果としては「手続業務」になるわけですが、その手続き一つひとつがお客様の人生に大きく関わる重要なものばかりです。これらの手続きに直接関わる行政書士の仕事は、もはや単なる手続屋とは言えないのではないでしょうか?

下記は、行政書士の実際の仕事内容ややりがいを、実務家が直接語っているページです。
『行政書士 実務家密着取材』(詳細はコチラへ
どの先生も手続き業務を通じた「お客様との関わり合い」を重要視されており、その中にやりがいを感じているようです。

ご紹介した実務家インタビューを見て、今一度、行政書士の仕事の魅力を感じて下さい。
「とりあえず何か資格を」ではなく、「自分は行政書士になるんだ!」と強く思えるようになることで、試験へのモチベーションもぐんと変わってくるはずです。

続き>>行政書士と社会保険労務士で人事労務の専門家に

行政書士は副業でもやっていけるのか?

行政書士を副業としてやっている方は、
実際にいます。

行政書士は自宅で開業できるので、
家庭の主婦が、子育てや家事の合間の時間を見つけて、
自宅で仕事をしているのです。

副業ですのでそれほど時間をとれるわけではありませんから、
収入は、 月5万~10万円くらいだと言われております。

しかし、誤解しないでほしいのは、
副業も本業も仕事の大変さは変わりません。
中には副業なら本業よりもらくに出来ると思っている方がいます。

行政書士は、書類作成やその書類を官公庁に提出する仕事で、
それ自体時間がかかるわけでもなく、大変なわけでもありません。

しかし、その仕事をするためには、営業したり、
顧客と打ち合わせなければいけません。

また、顧客に合わせて動かなければいけないので、
自分のペースや都合だけでは仕事はできないのです。
つまり、相手がいるということです。

副業となると自分が使える時間や時間帯が限られます。
副業はあくまでも、
本業の隙間時間や自由に使える時間を使っておこなうものなので、
副業の概念と決して相性が良いとは言えません。

しかし、そうはいっても、実際に副業で行政書士の仕事をしている方がいるので、
やる価値は十分にあると思います。

ただ、副業でも本業でも仕事の大変さは変わらないと覚えておいてください。

続き>>行政書士の仕事の魅力・やりがい

ある行政書士の1日のスケジュール

行政書士の仕事のイメージがしやすいようにある行政書士の1日のスケジュールを紹介します。
是非参考にして下さい。

9時:メールチェック
10時:クライアントと打ち合わせ
12時:昼食
13時:都庁へ申請の許可
15時:書類作成・書類のチェック
17時:メールチェックなどの事務作業
18時:帰宅

非常にシンプルなスケジュールだということわかります。
上記はあくまでもある1日のスケジュールなので、
その日によって仕事の内容は変わるそうです。

それでも毎日の基本的な業務は、 打ち合わせ、書類作成・メールチェックです。

●行政書士の仕事で重要なこと
この行政書士の先生に、行政書士にとって重要なことは何かと尋ねたら、
クライアントとのコミュニケーションだと言っていました。

このことは別のページでもお話しましたが、行政書士とはあくまでもサービス業であり、商売です。
クライアントが何を求めて、何に困っているのか感じ、それを解決するのが
行政書士の仕事なのです。
そのためには、普段からしっかりとコミュニケーションを取っていなければなりません。

この行政書士の先生もどんな分野の仕事をするにせよ、
コミュニケーションさえ、しっかりと取っていれば、仕事がスムーズに行なえ、
定期的に仕事がもらえるようになると言っています。

●クライアントの見つけ方
この行政書士の先生は、独立当初知り合いの伝を頼り仕事を貰っていたそうです。
そして、収入が安定してきてから、インターネットを使い集客したそうです。
今は、クライアントからの紹介とインターネットからの集客は
半々くらいの割合だといっていました。

●どのような仕事をしているのか?
この行政書士の先生は、会社設立、相続人調査、財産調査などを取り扱っています。
特に、遺言・相続関係の仕事が多いようです。
その他にも、ビザ在留資格取得申請、永住資格申請といった外国人向けの
サービスも行なっているといっていました。

続き>>副業としての行政書士

ダブルライセンスの必要性?

行政書士として活躍されている方は、
宅建、社会保険労務士、FPなどの資格と併用されている方がいます。

そうすることで、集客の間口が増え、数多くの仕事が獲得できるのです。

しかし、ダブルライセンスをはじめから考える必要はないと思います。
確かに他の資格も活用した方が仕事が幅が広がりますし、
収入も増えます。

ただ、複数の資格を持つことで自分の専門性が失われ、
自分は何が強くて、どういった顧客を獲得したいのか
わかりにくくなります。
その結果、仕事を上手く獲得する事が出来ずに、廃業してしまう恐れがあります。

もちろん、中には器用な方もいるので、ダブルライセンスで上手くいく方もいます。
しかし、みんながみんなそうではないので、はじめは行政書士1本で仕事をし、
さらに収入を増やしたいと思った時に別の資格を取得すれば良いでしょう!
いわゆる選択と集中と言う事です。

それに行政書士1本でも活躍している行政書士は沢山いますし、
その方が仕事がしやすいと思います。

また、はじめからダブルライセンスをしようと思うと、
学習も大変です。
行政書士はそれでなくても、難易度の高い試験なのに、
さらに別の資格の学習もするとなると、並大抵の努力では合格出来ません。
結果的にどちらの試験も合格できないケースがほとんどです。

ですから、仕事も学習もはじめは、一つの目標をクリアーし、
その目標が達成できれば、次の事を考えればよいのです。

重要なのは一つ一つ目の前の事をこなす事です。

続き>>行政書士の1日のスケジュール

行政書士はあくまでも資格?

行政書士に限らず、士業全般に言えることですが、
資格はあくまでもビジネスのネタだということを忘れないで下さい。

これは士業の資格を持っている多くの先生方に言えるのですが、
その資格を取得すれば、仕事がたくさんもらえるとか、
お金が稼げると思っています。

しかし、行政書士という資格は、
行政書類を取り扱える権利を国から許可されただけで、
仕事への成功とは別の話です。

仕事を得て、年収を上げるためには、
資格とは別にマーケティングや営業的な戦略が必要になります。

そこをいかに突き詰めていけるかで、
行政書士として成功するか、失敗するかの差になるのです。
失敗している行政書士のほとんどは、集客がまるっきり出来ていません。

しかし、だからといって、あまり難しく考えないで下さい。

現在は、お金をかけなくても、集客できる、
インターネットがあるので、一昔前のように、
人脈や高い広告費に頼らなくても、顧客を獲得することが出来ます。

もちろん、ある程度勉強しなければ、
今のインターネットで集客することはできませんが、
それほど難しい事ではありません。
行政書士に合格する方がはるかに難しいと思います。

逆に言えば、そうした知識を持っている方は、
成功の可能性が高いとも言えます。

このサイトで何度も言っているように
行政書士は集客がしっかりと出来れば、
非常に稼ぎやすい資格です。

続き>>ダブルライセンスは必要か?

行政書士として成功するためにその2

前ページに引き続き、このページでも行政書士に成功するためのポイントを紹介します。

そして、その事は成功している行政書士、
もしくは全てのビスネスに当てはまる事だとも言えます。

その事というのは、「自分で稼ぐと言う思考」です。

当たり前のように感じると思いますが、
その思考を身に付けている人は少ないと感じです。

多くの方は、サラリマーンとして働いているので、
時給とか月給で働いています。
そのため、成果に関係なく、お金をもらうという感覚になっているのです。
その証拠に、成果報酬型の働き方だと、極端に希望者は減ります。
言ってしまえば、いくら稼げるかと言う答えがない仕事はしたがらないのです。

もちろん、その事が悪いと言っているわけではありません。
そうした働き方をしてくれる方がいるので、会社が成り立っているのですから。

しかし、行政書士はあくまでも自分で売上を上げ、
その中から出た利益があなたの収入となる、
つまり、自分で稼ぐと言うことです。

にも関わらず、これから行政書士を目指す方の中には、
どのくらい働ければ、いくら稼げますか?とか、
生活していくだけの収入を稼げますか?というような
的外れな質問をしてきます。

それは、自分で稼ぐという思考になっていないのです。

どの仕事でも、 時間を対価にした労働収入では限界があり、
人よりも稼ぐ事が出来ません。

お金は貰うのではなく、自分で稼ぐものです。
その考えを持ってさえいれば、それが行政書士でなくても、
大きな額を稼げるようになります。

行政書士として成功したければ、
まずはサラリーマン的な思考を捨てることから初めて下さい。

続き>>行政書士はあくまでも資格?

行政書士として成功するために

行政書士として成功している人も見ると、いくつかの特徴があります。
それを紹介していきますので、あなたが行政書士になったら、
どういった方向性で進むのか考えて下さい。

●独自の専門分野を作る
行政書士として成功するためには、どの分野に参入するかによって
決まると言っても過言ではありません。

失敗するケースで多いのは、ライバルが多い分野に参入することです。
例えば、建設業許可、風俗営業許可、会社設立などです。(地域によっても違う)
これらのような分野は競合する行政書士が多く、新規参入しても成功する確率が低く、
仮に成功できたとしても、時間がかかりすぎて、そこまで耐えられません。

それよりも、他の行政書士が目をつけていない多くの分野が沢山ありますので、
そうしたところを狙っていけば、短期間で圧倒的な成果を出す事も可能です。
また、ライバルが少ない分野に参入することで、その分野の専門家として認知され、
勝手に顧客が集まってくる可能性も高くなります。

ここで一例を出すと、化粧品や健康食品の薬事申請の許可を取る分野に参入して、
年収数千万円荒稼ぎしている行政書士がいます。
この分野は参入している行政書士が少なく、供給量が少ないので、
容易に仕事を取る事が出来るのです。

●集客方法を考える
行政書士の先生に多いのが、資格を取得すれば顧客が自然と集まると思ってしまうことです。
ですが、そんなことはありえません。

世の中の多くの人が、あなたの存在を知らないですし、
まして行政書士になった事すら知りません。
行政書士として成功するかしないかはどれだけ集客できるかにかかっております。

現在成功している行政書士を見ると、インターネットを活用しているケースが 多いと感じます。
インターネットなら低予算で集客できますし、
今流行りのソーシャルメディアを使えば無料で集客する事も可能です。

しかし、そのためにはノウハウを学ばなければいけません。

勘違いしている行政書士の中にはホームページを作っただけで、
勝手に顧客が集まると思っている方もいます。

ですが、それで成功できるなら誰も苦労しません。

現在は、士業専門の集客やマーケテイングセミナーが頻繁に開催されていますので、
そうしたところを利用するのも良いと思います。

もちろん、人脈を使って仕事を貰っても良いと思います。
とにかく、行政書士になり参入する分野を見つけたら、
後は集客のことだけ考える気持ちでいて下さい。
それくらい集客は大切です。

続き>>行政書士として成功するためにその2

行政書士の報酬について

ここで、行政書士になればどのくらいの報酬が得られるのか、
一般的な行政書士の報酬から考えてみたいと思います。

まず、はじめに申し上げたいのは、行政書士の報酬は自分で設定することが出来ます。
一昔前は決まっていましたが、
規制緩和の影響で価格を自由に決めることができるようになったのです。

以下は行政書士報酬の一例です。

●建設業許可申請 10万~20万
●宅地建物取引業者免許申請 5万~20万
●化粧品製造販売許可 20万
●飲食店営業許可申請 5万~10万
●会社設立 10万
●内容証明郵便作成 1万~2万
●NPO法人設立認証申請 20万

上記はあくまでも相場なので、確実にこのくらい貰えるというものではありませんが、
一つの目安になります。
イメージとしては、行政書士の報酬は1件10万円くらいの仕事が多いと思います。

上記の例で考えると、飲食店営業許可申請の仕事が、
5万円~10万円となっております。

仮に5万円だったとしても、10件こなせば50万円、
20件こなせば100万円になります。

しかも、書類作成自体はそれほど難しいものではないので、
基本的に行政書士の知識があればそこまで時間はかかりません。

また、許可申請書類は地方自治体よっては、素人だと面倒なことが多いので、
ある一定数の仕事は必ずあります。

このように考えれば、行政書士は稼げる仕事だとイメージでき、
年収1千万円以上稼ぐ事は決して無理な話ではないのです。

また、企業と取引をすれば、毎月何らかの仕事があることが多く、
安定した収入を確保することも出来ます。

行政書士は決して稼げない仕事や食べていけない仕事ではありません。
あなたの努力次第でいくらでも稼ぐ事が出来るのです。
それが行政書士の現実です。

インターネットの信憑性のない情報に惑わされないで、
正しい判断ができるようになって下さい。

続き>>行政書士として成功するために

>>通信講座のフォーサイトが【現役行政書士に就職・転職・仕事についてインタービューしました】