行政書士合格に最も必要な事とは?

試験・勉強法

どれだけ勉強量を確保できるか

これまで行政書士の勉強時間や勉強法、通信教育などについてお話してきましたが、やはり最も重要なのは、最後まで諦めずに勉強するということです。

別のページで行政書士に合格する為には、800時間の勉強が必要だと言いました。
しかし、現実は800時間どころか、400時間さえ、勉強できなくて挫折する人がほとんどです。

その理由は色々あると思います。例えば、

  • 急に仕事が忙しくなって、勉強できなくなった
  • 家庭やプライベートの事情で勉強できなくなった

などです。しかし、最も多いのは、

  • 勉強がつまらない
  • 遊ぶ時間がなくなる
  • 勉強が面倒になった
  • 眠い、疲れたから勉強したくない

といった単純な理由なのです。
もちろん、はじめは誰でも絶対に勉強する気持ちは強いと思います。 ですが徐々にその気持ちが弱くなるのです。

自分のモチベーションはどこにあるか?

ここで是非、覚えていてほしいのは、何か成し遂げようと思えば、必ず何か犠牲にしなければいけません。
行政書士で言えば、自分の時間です。

それを理解しないで、疲れたかたとか、眠いとか、遊びたいからと言って勉強をしないようでは絶対に行政書士の試験に合格出来ません。
もし、あなたが今までの人生を振り返りそうしたことが思い当たるなら、行政書士の勉強をする前にしっかりと考えて下さい。

自分は行政書士に本当になりたいのか、行政書士になって何がしたのか、
行政書士になってどうなりたいかなどです。そうした理由もなく何となく行政書士の勉強をしても、多分挫折すると思います。

行政書士に合格するためには、良い教材や勉強は必要ですが、それは勉強を続けるということが前提となります。
勉強を続けてさえいれば、あなたがどんなに勉強が苦手でもいつかは必ず合格できるはずです。

行政書士は、司法書士や司法試験のように勉強しても勉強しても合格できないという試験ではありません。時間はかかっても続けてさえいれば、必ず結果は出ます。
ここで話した事は一番重要なので忘れないで下さい。

タイトルとURLをコピーしました