行政書士に合格するまでの勉強時間

試験・勉強法

元々の知識差もあるため一概には言えない

多分、行政書士の勉強をする方が最も気になっているのが、勉強時間だと思います。
果たして、どのくらい勉強すれば合格できるのかと。

今回、行政書士の勉強時間についてどのようにお話しようか物凄く悩みました。
何故なら、勉強時間と言うのは、独学や通信教育などの勉強スタイルによっても変わりますし、選ぶ通信教育によっても変わります。

例えば、講義が付いていない通信教育と付いている通信教育なら勉強時間がまったく異なります。
講義が付いていない通信教育を選んでしまうと、独学とそれほど勉強時間は変わらなくなります。

また、個人差によっても当然異なります。現在段階で知識がある人もいれば、まったくない人もいます。
もちろん、個人の能力によっても知識を覚える早さが違ってきます。

通信講座を利用すれば目安は800時間

このように様々なケースがあるので、一概に何時間勉強しなければいけないのかと言うことは言えないのです。
しかしながら、それでも基準になる行政書士の勉強時間は必要になるので、ここまで話した事を踏まえて理解して頂ければ800時間となります。

ただ、この800時間と言うのは通信教育を受講した場合のケースです。
行政書士の勉強時間800時間の理由とすれば、別ページでお伝えしたような良い通信教育を選んで勉強すれば、個人の能力差はあっても、合格レベルに達するだけでの力は付くと思うからです。

もちろん、合格レベルの力は付いても、合格出来るか出来ないかは運もあるので、保証は出来ません。
しかし、十分に合格するチャンスをつかめるだけの力は付くと思います。文章で800時間というのは、簡単ですが実際はかなり大変な勉強です。

中には、良い通信教育を受講すれば500時間くらいで合格する人もいますが、それでも800時間勉強する覚悟を持って望んで下さい。
そして、行政書士の勉強を800時間するくらいの根性があれば、 行政書士として成功する可能性も高くなるはずです。

タイトルとURLをコピーしました