行政書士を目指すならオンラインが最短距離!時間がなくても合格できる必勝法とは?

各通信教育の特徴・口コミ

行政書士の資格取得には、資格試験に合格する必要があります。試験は広範囲から出題されるため、事前の準備、勉強が非常に重要です。そんな学習方法にはいくつか種類があり、独学で学ぶか、オンライン講座や予備校を利用するかが一般的。

中でも自分のライフスタイルに合わせやすく、マイペースで学習しやすいのがオンライン学習です。そんなオンライン学習のポイントやおすすめ講座をご紹介しましょう。

行政書士になれるかは時間の確保が大きな問題

行政書士試験は毎年合格率が10%前後の難関試験といわれています。行政書士試験の出題範囲は法律全般と非常に幅広く、すべての範囲を勉強するには多くの勉強時間が必要となります。

一般的に行政書士講座を開講している予備校は、1年間で200~300時間の授業時間を確保しています。行政書士試験を知り尽くした講師に付きっ切りで教えてもらってもこれだけの時間がかかりますので、それ以外の方法ではさらに勉強時間が必要です。

もちろん勉強時間には個人差がありますが、それでも通信講座を利用して400~600時間、独学なら600~1,000時間の勉強時間が必要ともいわれています。

社会人が資格取得するには?

では実際にお仕事をしている社会人の方が、1年間でどの程度勉強時間が確保できるのかを算出してみましょう。

1年は365日間、約52週間あります。平日は約260日、土日が約104日ということになります。さらに祝日や年末年始、お盆休みなどを考慮すると会社に出勤するのが約220日程度ではないでしょうか。

ここで社会人の方の平日のタイムスケジュールを想像してみましょう。毎朝7時に起きて夜0時に眠るとしましょう。朝起きて仕事に行って帰宅するのが19時とすれば、眠るまでの時間は5時間です。この5時間で夕食を摂り、入浴をすると考えると、自由になる時間は3時間程度ではないでしょうか。

休日に1日4時間勉強すると想定すると、1年間で3(時間)×220(日)と4(時間)×145(日)で1,240時間です。1年間、ほぼ毎日の空き時間を勉強に充ててようやくこれだけの時間です。社会人方はわかるかと思いますが、残業もありますし、付き合いで食事に行くこともあるでしょう。

お休みの日には旅行やデート、帰省などもあるかと思いますので、実際にこれだけの勉強時間を確保できる方はまずいないでしょう。計算上の勉強時間の7割程度で計算して850時間程度確保できればかなり優秀と考えられるでしょう。

時間を有効活用できるオンライン学習

タイトルで「オンラインが最短距離」と書きましたが、その理由が勉強時間の確保の難しさです。勉強時間の確保が難しい以上、時間を無駄に使うのは得策ではありません。そこで時間を有効に活用できるオンライン学習がおすすめということになります。

マイペースで学習が可能

オンライン学習のメリットは、通信環境さえ整っていればいつでもどこでも勉強ができることです。行政書士を目指す方の中には、夜勤や休日出勤の多いお仕事をされている方もいるかと思います。そういう方にとっては、予備校に通学するのも難しいという状況もあるでしょう。

しかし、オンライン学習であれば、自身のライフスタイルを変えることなく、スキマ時間なども勉強時間に変えることができますので、より効率的に勉強することができるでしょう。

オンライン学習を選ぶポイント

オンライン学習をすると考えた場合、多くの場合は通信講座を選択するかと思います。とはいえ、行政書士講座を開講している通信講座は数多く、どの講座を選ぶべきかが難しい問題となります。

そこで、どんなポイントに注目して通信講座を選ぶべきか、注目すべきポイントをいくつかご紹介しましょう。

動画の精度

オンライン学習の要となるのが、講義動画の質です。動画の質が悪いと勉強をするにもストレスがかかりますし、そもそもスムーズな学習が望めません。そこで講義動画のどこに注目すべきかを考えてみましょう。

オンライン学習をする際、注目すべきは小さな画面で見てもクリアな映像かどうかという点です。PCのモニターと比較してタブレットやスマホの画面はかなり小さくなります。そんな小さな画面でも見やすい動画が、オンライン学習に適した動画ということになります。

例えば予備校の講義のように、大きな講義室で黒板を使って行う授業を録画したような動画では、スマホのような小さな画面では板書の文字が読みづらくなりますのでおすすめできません。

スマホやタブレットでの勉強を想定した、見やすい動画、聞き取りやすい動画であることがポイントとなるでしょう。

テキストの充実度

オンライン学習の大きなポイントとして、目の前に行政書士試験に詳しい講師がいないというポイントがあります。つまり学習するにあたって頼れるものは講義動画とテキストだけということになります。

講義動画については上で触れたとおり、もっとも重要なポイントということになります。そしてテキストですが、これも丁寧な解説がされているテキストが重要ということになります。

テキストをみながら自宅で勉強をする際はこの点だけに注目ですが、せっかくオンライン学習をするのであれば、外出先での学習環境も考えておきましょう。つまり理解しやすい印刷物のテキストと、オンライン上で利用できるデジタルテキストがそろっているのが理想ということになります。

オンライン学習のデメリットと対策

自分のペースで学習できるオンライン学習は、多くの方にとってベストの勉強法といえます。とはいえオンライン学習にもデメリットはありますので、そんなデメリットを確認しつつ、どのような対策が必要かを考えてみましょう。

モチベーションの維持が困難

オンライン学習最大のデメリットは、モチベーションの管理です。オンライン学習は、基本的に独学での学習となります。誰かに強制的に勉強をさせられるわけでもないですし、勉強をサボったからといって誰かに咎められることはありません。

モチベーションが下がってしまうと勉強をサボりがちになってしまい、結果行政書士試験で良い結果を残せないということになりかねません。

モチベーションが途切れるのは、同じことを繰り返しているのが大きな理由になります。幅広い分野の勉強が必要といっても、毎日毎日同じような項目のインプットを続けていると、どうしても飽きてしまうものです。

そこで取り入れたいのが定期的なアウトプットです。演習問題を解くなど、アウトプットをすることで、モチベーションの維持もできますし、自身の学習進行度、弱点の把握も可能になります。

不明点の解決が難しい

同じく講師がいないことから考えられるデメリットとしては不明点の解決が難しいという点が考えられます。不明点が発生した場合、そこを放置して進めてしまうと、一部知識が不完全なまま勉強を進めることになります。そのために先の学習で大きく躓く可能性があり、不明点はきっちり解消しながら勉強を進める必要があります。

対応策はいくつか考えられますが、自分で調べてもわからないものは誰かに教えてもらうしかありません。通信講座のなかにはライブ授業を開催し、講師への質問を受け付けている講座もあります。

ライブ授業以外でも講師に質問できる質問フォームのようなものを設けている講座を選びましょう。

おすすめオンライン講座

では多数存在する行政書士講座を開講しているおオンライン講座の中から、特におすすめとなる講座を3つほどご紹介しましょう。特に強くおすすめしたいのが、一番最初に紹介するフォーサイトです。その理由について、そのオンライン講座の特徴とともにご紹介しましょう。

フォーサイト

オンライン講座最大のポイントである動画の精度に関しては、ほかのどの通信講座よりもおすすめできるのがフォーサイトです。フォーサイトの講義動画は、すべて専用の撮影スタジオで撮影。そのため動画の質も音質も非常にクリアな仕上がりになっています。

その動画はスマホのような小さな画面で見ても見やすく、どのようなデバイスでも十分学習できるレベルです。

フォーサイトは長年行政書士講座を開講しており、その合格率も非常に高くなっています。そんな結果を実現しているのが充実の講師陣。この講師陣が監修したテキストも、行政書士試験のポイントをしっかりと抑えたものとなっており、法律知識の少ない方でも非常に理解しやすいと評判です。

また、このテキストは冊子のほかにデジタル版もあり、外出先で勉強する際も、冊子を持ち歩く必要はありません。

外出先での学習に対応するのは、フォーサイトのeラーニングシステム「ManaBun」です。このManaBunでは、日常のスキマ時間でも学習できるシステムや、学習計画の立案、さらに演習問題によるアウトプットなども可能。

ほかにもライブ授業なども開催しており、オンライン学習のデメリットの対策がもっともしっかりしている通信講座といえるでしょう。

大原

資格取得のための予備校、大原でもオンライン講座に力を入れています。予備校の講義動画では、オンライン向けに撮影していないケースもありますが、大原に関してはオンライン講座のためにWeb専用動画を用意しています。

そもそも予備校として多くの実績をもっているだけに、多彩なコース設定もあり、自身の知識量に合わせたコースを選べるのも特徴といえるでしょう。

クレアール

通信講座の中でも、フォーサイト同様にeラーニングを強く意識しているのがクレアールです。クレアールでは無理なく反復学習ができるVラーニングという学習システムを採用。細かく単元に分けた授業を行い、その授業に関する演習問題、演習問題の解説を繰り返して実力をつけるシステムを採用しています。

クレアールのオンライン講座はマルチデバイス対応となっていますので、お手持ちのデバイスでの受講が可能になっています。

まとめ

行政書士の資格を取得するには、いろいろな勉強法があります。その中で多くの方におすすめできるのが、通信講座によるオンライン学習です。オンライン学習は学ぶ方のライフスタイルに合わせ、マイペースでの勉強ができるのが大きなメリットとなります。

オンライン学習にはモチベーションの維持が難しいなどいくつかのデメリットも考えられます。通信講座を選ぶ際は、こうしたデメリットにもしっかりと対応した通信講座を選ぶようにしましょう。

そんな通信講座の中ではフォーサイトの講座がおすすめ。モチベーション管理に最適なライブ授業や、演習問題などもあり、効率的に勉強できるシステムになっています。

フォーサイト行政書士
タイトルとURLをコピーしました