TACの口コミ・行政書士講座の特徴を暴露!!

各通信教育の特徴・口コミ

TAC

テキストの特徴

TACの行政書士通信教育のテキストは、そのボリューム感が受験生の間で広く支持されています。
合格に必要な事柄はもちろん、プラスαの知識までがしっかり網羅されているので、初学者からすでに知識のある方まで、幅広く対応可能な教材です。

ただし、その情報量の多さから、初めて行政書士試験に挑戦する受験生や、法律を初めて学ぶ方にとっては、若干消化不良を起こしやすそうな印象も。受講者のレベルに応じて、上手に使いこなしたいテキストです。

講義の特徴

幅広い層の受験生に人気の講師に学べるのも、大手資格予備校ならでは。映像講義内の板書事項をあらかじめプリントとして提供されるので、必死にメモを取る必要がなく、講義に集中することが出来ます。
ただし、TACは通信教育専門校ではないため、他の通信講座と比較すると講義映像自体が単調な雰囲気に。あくまで講義を収録したのみで、映像の見せ方や受講生を引き込む工夫に乏しい印象を受けます。

サポートの特徴

TACの行政書士通信教育では、通信といえども通学さながらの手厚いフォローを受けられるのが特徴です。質問応対サービスの他、教室講義に参加できたり、校舎の自習室が利用出来たりと、モチベーション維持のためのサポートもばっちり。大手資格予備校ならではの幅広い情報ネットワークで収集した受験情報が提供される点も、TACの行政書士通信教育を受講する上での大きなメリットです。

TACの行政書士のクチコミ

きむら様 50代

大手資格予備校の通信教育ということで、安心して利用できました。
さまざまサポートがありましたが、あくまで通信教育での学習をベースにしたかったため、校舎に足を運ぶものはあまり活用出来なかったのが残念です。

すーちゃん様 30代

他スクールの行政書士通信教育も利用したことがあるのですが、TACは映像講義が“ただ収録しただけ”といった印象で、すぐに飽きてしまいました。
通信教育であれば、やはり通信専門校を選ぶのが正解かもしれませんね。

⇒TACの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました